最近ニュースや新聞を見ていると、

・日本人の海外渡航数(主に観光)が減っている
・アメリカに留学する日本人の数が圧倒的に減っている(中国、韓国などの隣国は増えている)
・就職しても海外勤務を望まない人が増えている

などなど、日本人の内向き志向を示すような記事をたくさん見かける。

最近では、ちょっとばっかし格好をつけてグローバルな人間(?)であることをアピールしようとしている自分であるが、何を隠そう、一昔前まで(特に大学生の頃)はこうした典型的な日本人であったと(海外旅行はパッケージツアーで行きたかったですが…)。

経験者である私が考えるに、その原因は結局は「英語力の欠如」ということなんだと思う。

私自身は、高校までは受験英語はある程度の得意科目であったのだが、大学に入ってListeningなどの実践能力問われると見事にそのプライドは打ち砕かれ、「英語なんて・・・、海外なんて・・・」と考えたものである。

日本に来る観光客の一番の不安要素が言語であるように、当然のことながら外に出ようとする日本人も言語(世界共通言語ということで考えると「英語」)が不安なのは当たり前だろう。
英語に自信がないから、海外旅行には行きたくない、留学もしたくない、海外で働きたくもない、となるのだと思う。
私の以前のブログでも書いたが、外国人の友人(質・量ともに)も絶対に英語力に比例する。(海外の友達もできれば、絶対に内向きになることはない。)http://kakkieinny.exblog.jp/4512574/


前置きが長くなったが、何が言いたいかというと、結局日本が世界のグローバル競争の波から取り残されつつある大きな原因は英語教育にあるといっても過言ではない。
こうした指摘は数々の著書のなかでもされており、「教育は国家100年の計だから、時間がかかる」などといわれるが、私はそう悲観する必要はないのではないかと思う。
というのは、英語(この場合は英会話)学習というものは、「きっかけ」さえ与えれば多くの場合は、自ら勉強するようになるからだ。
英会話学校に通い始めた生徒が、外人を見るとしゃべりたくなるのが良い例だ。(もちろん性格にもよりますが)
英語教育で重要なのは、「外人恐怖症」を取り除くことではないかと思う。

ただ、今の教育では絶対にそれは達成できない。なぜなら以下の例に示すように、全く実践的なことを教えないからである。

例えば挨拶の仕方:
学校では絶対に、
A:Hello. How are you?
B:Fine thank you, and you?
非常に多くの日本人がhow are you?聞かれたら、必ずFine thank youと答えなければならないと思っているらしい。(これはウソではありません。)
また、そもそも外人が本当に挨拶代りに必ずhow are you?と聞くことも全く学校では教えない。
(ここまでは私は英会話学校に通っていたから知ってい)
さらに言えば、how are you?の代わりに、
・What's going on?
・What's up?
・What's happening?
・How's it going?
などなどの表現は全く教えてくれない。
もうちょっと言えば、こうした表現の後に男同士であると、buddie, mate, broなどがつくこともあるが、日本人からしたら???もいいところである。

これから本格的に始まる小学校での英語教育、どういう教育要領なのかは知らないが、こうした挨拶くらいはしっかり教えてはどうだろうか。小学生のうちに「外人恐怖症」が解消できれば、少なくとも今ほど内向きになることはないのではないだろうか。(もともと小学生に怖いものなどないかもしれませんが)
[PR]
# by hiroaki_kakinuma | 2010-12-01 23:12
最近ちょっと違った路線に行っておりましたが、たまには本業のスポーツのネタを。

今回の九州場所、ご存じのように白鵬の連勝記録がどこまで伸びるか、そしてあの伝説の双葉山の69連勝を超えるかということのみにスポットが当てられていたが、残念ながら2日目にして土がつき、何となくしらけた感じの場所になってしまった。

観客数についても、朝青龍の引退、野球賭博問題の影響もあり、注目の場所でありながらも、初日から空席が目立ち、白鵬が敗れた2日目もガラガラの状態。そんな中で歴史的出来事が起こったのは残念で仕方がない。さらに言えば、69連勝、そして70連勝が達成されるべき日であった7日目と8日目が満員御礼だったのは、何という皮肉か…

そんな場所であるが、にわかに熱を帯びてきた。その原動力は明らかに38歳のベテラン魁皇の頑張りである。ここ数年は勝ち越すのがやっとで、先場所にいたっては引退の危機にさらされていたにも関わらず、なんと地元九州の今場所においては、あれよあれよという間に11連勝で、大横綱白鵬などと並んで優勝争いのトップ。神懸かり的な勝ち星も何番かあり、日本風にいえば、まさに神風が吹いている状態か。

幼稚園からの大相撲ファンである私としては、さぁこれで場所が千秋楽にむかって盛り上がるぞ、と思っていた矢先に残念なニュースが。。。

なんと優勝争いのトップの白鵬-魁皇戦が13日目の明日に組まれてしまった。もちろん番付の順番からすれば大関の中でも一番下の魁皇が明日横綱にあたって然るべきなのだが、せっかくだったら千秋楽までとっておいて欲しかった。今の魁皇の勢いなら、白鵬以外なら、絶対に千秋楽を12勝1敗で迎えられたはずだ。

千秋楽結びの一番、というか大相撲界にとって激動の一年であった2010年の最後の取組が、世紀の大横綱白鵬-38歳瀕死の大ベテラン地元魁皇の相星決戦が組まれたのなら、マスコミもどれだけ食いつき、そして観客もどれだけ入って盛り上がったことだろうか。大激動の一年を魁皇の優勝という大波乱で幕を閉じたら、、、考えただけでワクワクする。

残念で仕方ない。大相撲協会審判部は、もうちょっと頭を柔らかくしてソロバンをはじくことを意識すべきである。もともと相撲の歴史を紐解けば、商業的な「相撲興行」なのであるから。

ちなみに、魁皇が万が一優勝したら、来場所は綱取りの場所になるのだろうか。。。
[PR]
# by hiroaki_kakinuma | 2010-11-25 23:56
自分は自他共に認める親豪家である。New York留学時代にPritch(彼については以前のBlog参照http://kakkieinny.exblog.jp/5105193/)という典型的なオーストラリア人とルームシェアをしたのも非常に大きかったと思うが、考えてみれば留学前からラグビーを通じて多くのオーストラリア人の友達がいた。なんとなく、彼らの生き方が好きなのである。特に、常にlook happyなところ、そしてoptimisticなところが。

そんな自分であるが、11月6日から1週間ほどオーストラリアに出張した。仕事はもちろん、その他にも友人達との再会など、非常に実のある出張だったのだが、前々から感づいていたのだが改めて発見したことがあった。

オーストラリア人は早寝早起きである

もちろん人にも、そして時と場合にもよるのだろうが、聞いた中では、
・9時に寝て4時半に起きて、5時から6時半までトレーニングしてから出社する
・9時半に寝て5時半に起きて、浜辺でトレーニングしてから出社する
などなど。

トレーニングをするから早起きしているのではという可能性も無きにしもあらずですが、とりあえず朝の時間を有効に使うらしい。ちなみに、会社は8時~16時とか9時~17時とか、基本的に8時間労働で残業はほとんどしないとか。。。

まぁ、日本人とは国民全体の意識が違うんでしょうが、我々日本人も彼らに習って、もう少し朝の時間を有効に使うってことを考えてみたらいかがでしょうか?もちろんそのためには会社から早く帰って、夜も早く寝るようにしなければなりませんが。

どっちが経済的にはプラスに働くのでしょうかね。一つ言えるのは、現在の日本人のライフスタイルの下では、日本経済は全く成長していないってこと。たまには発想の転換もいかがでしょうか?

そもそもオーストラリアとは国の成り立ちが違うだろ、って言われればその通りですが!!
[PR]
# by hiroaki_kakinuma | 2010-11-23 23:24
本日は一日かけて富山出張であった。

行きの京都駅で、突然案内放送が・・・
「お待ちの電車は、○○○の影響で3分遅れの運行となっております。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。」
さすが日本の鉄道会社、たった3分なのにわざわざ案内が流れるとは、と正直思った。(結果は、強風の影響で20分以上遅れての富山到着であったが)

今度は帰りの電車でまたもや・・・
「お乗りの電車は、強風の影響で湖西線が通過できませんので、米原方面に迂回します。つきましては、京都、大阪到着が30~40分遅れます。」
正直、行きも遅れたために、おいおいとは思ったが、個人的にはまぁゆっくり車内で過ごすか、程度に思った。

しかし、私の斜め後ろの富山から乗っていた夫婦は・・・
「ドバイ行きの飛行機が関空発23:50発で、チケットを取ったはるか号(京都-関空)は20:15なんです。到着が20:40と言っているんですが、どうしたらいいでしょうか?関西の交通事情も全然わからないんです。」

それに対して車掌は、当然のことながらいろいろと調べた挙句、
「申し訳ありませんが、乗車予定のはるか号は最終電車となっております。申し訳ありませんが、大阪まで行っていただき、そこから関空快速にお乗り継ぎください。そうしたら22:45には到着します。」

はっきり言って、何の解決にもなっていない。
夫婦は、
「海外に行く予定なので、携帯も持ってませんし連絡の取りようもありません。携帯電話を貸してもらえませんか?」

車掌は、
「(おそらくマニュアルにあるんだろう)われわれは携帯電話は持っていないことになっておりますんで。」

すると、親切な周りの乗客が、まず、
「携帯電話、私のを使ってください。」

他の乗客が、
「大阪からならタクシーの方が早いですよ。30分で着きますから。22:00までには関空につきますよ。」

こうした親切な乗客のおかげで、おそらくこの夫婦は今頃無事ドバイ行きの飛行機の中だと思うが、このHospitalityの欠片も感じられない鉄道会社に強く言いたい。

・どうしてJR西日本を利用する以外の関空への行き方を示してあげないのか?(他にも京都からタクシー、南海を利用するなどの手段もあるはずだ)

・どうしてこういう緊急事態に電話を貸す努力をしないのか?(本当に携帯は持っていなかったかもしれないが、業務用の電話を使わせてあげるくらいの努力はできないのか?)

・(私が富山で乗るときに、外国人旅行者らしき人々を見たが)車内放送は日本語だけだったが、今のご時世で最低限英語で放送することはしなくていいのか?もし彼らがこの夫婦と同じように関空に行く予定だったらどうするのか?

本来であれば、代替交通機関の手配をコストも含めてやってほしいところであるが、現状ではそこまではできないのだろう。ただ、上記3つの点くらいは、個人の臨機応変の努力で何とかなるはずだ。hospitalityという言葉はどこに行ってしまったのだろうか。
[PR]
# by hiroaki_kakinuma | 2010-11-02 00:18 | 日常生活
今日は中国人のメディアの人々夕食を一緒した。

まず驚いたのが、女性陣、みんなバッグはエルメス。最近、日本のOL達が一時のエルメス、ヴィトンといった高級志向から、若干値段的にも手の届きやすいコーチなどのブランドに移っているのと比べると、隔世の感があった。
おそらく、日本人の消費者の方がよりマチュアになった、日本の購買力が落ちている(これだけ円高になったらどうでしょう・・・)、といった原因もあるのだろうが、とりあえず今日会った中国人女性はみんなエルメスのバッグに、ヴィトンの財布にって感じであった。

話を聞くと、フランスで購入した、東京で購入した、っていうことらしい。

そういえば、私がフランスに出張に行った時も、昨年まではギャラリー・ラファイエットのヴィトンのお店に入ろうと思っても、スルーで入れたのが、この間6月に訪れた時は入店制限があった。理由は一つ、中国人観光客の数が多すぎるから。
今や入店するには、必ず入り口で一つのグループにつきヴィトンのコンシェルジュ一人が随行しなければならないことになっているらしかった。
私も「Do you need Chinese, French or English?」と尋ねられた。まぁ、それだけ中国人が多いのだろう。
そして、日本人がほとんどウィンドウショッピング、買っても1品2品なのに対して、中国人は大きな袋が1つ2つの世界であった。

まぁ、これが現実なんだろう。
だけど、個人的には、だから日本の観光は中国人「だけ」をとにかく頑張らなければいけないんだ、とは1ミリたりとも思わない。
[PR]
# by hiroaki_kakinuma | 2010-10-25 00:49 | 仕事