<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

節電対策として、サマータイムの導入が検討されているという。
私はサマータイム導入賛成派だ。

以前住んでいたNew Yorkでもサマータイムは3月の始め頃から10月の終わり頃まで導入されており、その経験からも私はサマータイムの導入を日本でも是非とも実現してほしい。当時は3月のサマータイム開始が本当に待ち遠しかったものである。

おそらくサマータイム導入に伴っては、コンピューターのシステムの変更など様々な導入費用がかかるだろうが、そのコストを超えるメリットが私はあると思う。

想像してみてほしい。夜6時半に会社が終わって、日が暮れるまであと2時間近くあると思ったら人々はどのように行動するだろうか?
New Yorkでの人々の行動を見ていると、
・オープンカフェでビールや夕食を楽しむ
・公園でランニングをする
・ショッピングエリアにでかける
・水辺で読書をする
などなど、行動パターンが明らかに日本の夏のアフター5よりも広い気がする。(もちろん、都市構造、人々の気質も違うが)

そして、何より大事なのは気分が高揚することではないだろうか。
人間はそもそもお陽様の下で行動するように体はできているので、当たり前なことだ。

私は根拠はないものの、経済というものは人々のマインドに大きく左右されると考える。人々が悲観するよりも、楽観する方が経済には絶対に良い影響を与える。オーストラリアなんて良い例ではないか。

節電が話の発端ではあるが、この日本経済の閉塞感を解消するためにもサマータイムを思い切って導入するのはどうであろう?そんなにお金がかかるとも思わない、格好の経済対策ではないだろうか。

もちろん色々と検討を深めれば、様々な問題も出てくるだろう。だけど、何かを変えようと思わなければもうこの国は変われない。変えてダメなら戻す、ということを恐れすぎではないだろうか。とりあえず何かを始めるのもいいと思う。少なくとも、「どうせ早く帰れないし1時間夜が長くなっても」ということだけは言って欲しくない。

最後に、サマータイムの導入の是非が検討されると必ず出る議論であるが、「サマータイムが導入されると実質労働時間が長くなる」というのはどういう根拠から出たものなのか?? 農業のような労働形態なら納得がいくが事務職にも当てはまる議論なのか?? だれか教えてください。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2011-03-30 23:33
スマートフォンをあまり勉強せずに海外に持っていくと大変なことになるらしい。。。
そんなことがつい最近分かった。自分自身が台湾出張(3月16~18日)に行くにあたって、色々とネットを調べてみた。

どうやらスマートフォンというものは、何もいじってなくても、パソコンと同期化したり、メールをサーバーからプッシュしたり、TwitterやFacebookアプリを入れていると更新してしまったり、と結構データ通信を行っているので、海外ローミング時に設定をoffにしていないと通信料は本当に半端ないらしい。

NTT Docomoもユーザーに注意喚起するために、関西空港にブースを構えて丁寧に説明を行っていた。最近では海外パケ放題なんてのも一日1500円くらいであるので、それに入るか、または海外で現地のSIMを入れるか、というのが主流なようである。
とはいえ、基本的には海外ではデータ通信をローミング時offにするのが原則なんだろう。

とするとである、海外でGoogle Mapは使えない、他のアプリも基本的にはほとんど使えない、という状況になる。

最近、観光庁をはじめ様々な人々が、スマートフォンを活用した受け入れ環境整備をとうたっている。無料wifiが完備されていれば、的を得た意見なのかもしれないが、現実的には日本にはwifiはまだまだ少ないし、データ通信料の問題はどのように考えているのだろうか?それとも僕が知らないだけで、通信料がかからずにそういったものはできるものなんでしょうか?

いずれにしても、自分自身は観光のデジタル化はあまり意味があると思っていない。観光の基本はあくまでアナログだと思う。人々がパリの街を歩くのにスマートフォンに目を凝らしている、というのはどうしても想像ができない。拙いフランス語を使ったり、英語を使ったりして、地元の人々とコミュニケーションを取りながら歩くのが旅の本質ではないだろうか。それで道を間違っても、後で振り返れば良い思い出だ。(僕もNYCの地下鉄のなまりのきつい英語のアナウンスのせいで、何度知らない場所に連れて行かれたことか・・・)

世の中すべてデジタルになればいいわけではない。アナログにこそ価値があるものもあると思う。観光なんてその良い例ではないだだろうか。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2011-03-20 00:33 | 仕事
この間の話と同様、ラグジュアリーセミナーの話の中で、講師から世界の各国のラグジュアリーマーケットについての紹介があった。
アメリカは・・・、インドは・・・、中国は・・・、などなど。
その中で一番個人的にヒットしたのがブラジルであった。

「ブラジル人の女性は世界一甘やかされている。ブラジル人ラグジュアリー層を受け入れる際には、女性はお姫様のように扱わなければならない。」

僕の知る限りでは、本当に仰る通りだ。
僕は以前から紹介している通りオーストラリア人の友達が多いのだが、なぜか彼らは南米女性好き。特にブラジル人が大好きだ。
Ryanはブラジル人と事実婚をしてしまったし、Griffはブラジル旅行で大ハッスルだったし、元ルームメートのPritchはブラジル人彼女のMarianneに一時は入れ込んでいた。

ここでは、Pritchの例(一方的な証言ですが)を紹介しよう。

大前提:ブラジル人女性は自分がめちゃくちゃかわいいと思っているらしい。
a0073687_22442487.jpg

ちなみに、またもや肖像権を無視した写真ですが、右がMarianneで、左がそのお姉ちゃん。(めちゃくちゃかわいいかは判断をお任せします!!)

ブラジル人女性の特性:
・自分で掃除はせずに、彼氏に掃除をさせる(きれい好きなPritchは彼女の家の汚さが耐えられなかったらしい)
・風邪を引いたら、彼氏に看病をさせる(Pritchは男との約束を何回ドタキャンしたことか)
・学校の試験勉強で、彼氏に英語の辞書代りをさせる(Pritchと我々がCentral Parkで遊んでいる時に、Marianneは何故か一緒についてきて、教科書で分からない単語が出てくるたびにPritchを呼びつけていた。自分で調べれば済む話なのに・・・)
・ご飯、飲みにいっても絶対にお金は出さない(Marianneの姉の誕生日に何故かPritchはおごらされていた)
・結構タバコを吸う(RyanはMarianne姉妹に家でタバコを吸われて、タバコの匂いがついたと枕を叩きつけて切れていた)

ということで、PritchがMarianneを振った時には、ひどい話ではあるが、友人連中は誰もMarianneを気遣わずに、Yayと言っていたものである。
散々振り回された揚句にPritchが言った言葉は、
「Brazilian girls are soooo arrogant. Marianne thinks she is a princess but she is just a bimbo!!」

もちろんこれは極端な例であると思うが、先日の講演の講師の言葉を裏付ける一つの事例であることに間違いはない。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2011-03-06 22:58
先週の木曜日にラグジュアリー旅行セミナーに参加してきた。ラグジュアリー旅行に携わる専門家達の講演があったのだが、その中で、
「シンプルなことだが、既に行ったことのあるホテルやレストランを再び訪れた時に、『名前で呼んでもらった』、『ちょっと人とは違う扱いをされた』ということが非常に重要である。そうすることでお客さんはラグジュアリーな気分になる。」
といった話があった。
ホテルなどの接客業からするとノウハウの基本中の基本だと思われるが、意外と出来ていないホテルもあると聞く。

その時にちょっと自分自身の体験に置き換えてみた。

僕がニューヨークに2年間住んでいた時に、ラグビー仲間とよく通ったChinese Restaurantがチャイナタウンにあった。Joe's Shanghai(鹿鳴春)というところだ。小龍包が絶品ということで非常に有名である。
a0073687_012516.jpg

そんなわけで、写真をご覧になってお分かり頂けるように、本当に一年中混んでいる。1時間待ちもざらである。
しかしである。僕や友人のPritch、Ryanが行くと、、、受付の普段はあまり愛想のない中国人の女性が、つたない英語で、
「Come, Come!! Come inside!!」とそっと(というよりも堂々と)中に入れてくれるのである。

中に入ったら入ったで、色々な店員さんから、
「Hey Buddie. How many dumplings today??」などと気さくに話しかけてくれ、そして必ず握手をしてくれる。
a0073687_0103714.jpg

なんとこうした歓迎のもてなしが、ニューヨークを去った後でも続いている。その後1年おきくらいに出張で行った際にも、必ず特別待遇で中に入れてくれるし、(肖像権を全く無視した写真の使用であるが)後ろに写っている左のメガネの彼なんかは、
「Welcome back!!」と言ってくれる。
a0073687_014475.jpg

講演を聞きながら、こんな自分の思い出し、なるほどなぁと思ってしまった。ちなみに、この写真は2009年にPritchがニューヨークからオーストラリアに帰国する際に最後のディナーをJoe's Shanghaiで食べた後に受付の女の子たちと一緒に写真を撮ったものである。

そんなJoe's Shanghaiもついに2,3年前から日本上陸を果たし、銀座、池袋、船橋の3店舗展開している。

日本では若干小龍包の大きさも大きく、値段も高めに設定され、味も若干違うものの、僕へのもてなしは変わらず、既に行くと出迎えに握手をしてくれる!!

Joe's Shanghai、こんな僕でも唯一プチラグジュアリーな気分を味わえる場所である。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2011-03-01 00:21