<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

たまたま報道ステーションを見ていたところ、早稲田ラグビー部の特集の放映があった。この1年間の軌跡を主将の有田隆平選手を中心として描いたものだった。

2010年度の大学スポーツの主役は誰が見ても早稲田であった。野球の明治神宮大会の制覇、駅伝の大学3大レースの3冠達成などなど。
こと、主将ということになると、どうしても野球部の斎藤佑樹選手が注目されている。確かに彼の発言、マスコミへの対応などを見ていると、本当に誰からみても立派な主将である。

彼のことは日本国民のほとんど誰もが知っていると思うが、私はラグビー部の有田選手も斎藤選手に負けず劣らない立派な主将であると思う。個人的には斎藤選手よりも好きなタイプの主将だ。

有田選手は、トークが上手いわけでもなければ、女性(特におばちゃん)を虜にするルックスを持っているわけでもない。私から言わせれば、昔の日本男児さながらの「背中で語る主将だ」。
ボールを持てば必ず前に前進し、タックルの際は、どんなに大きな相手でも絶対に逃げずに真っ向から倒しに行く。グランド上の誰よりも体を張り、言葉ではなくプレーでチームを鼓舞し続ける。

昨今の世の中、リーダシップ論なる様々な本を書店などで目にするが、こうした「背中で語るリーダー」なんてものも、なかなか私は好きである。「男たるもの言葉より行動で示せ」といったリーダー論であろうか。

有田選手は、ふとそんなことを私に考えさせてくれた。考えてみたら、つい先日32歳の誕生日を迎えた私よりも10歳も年下の人間に大切なことを教えてもらった気がする。

最後に、決勝で帝京に完敗した後の表彰式で、第93代主将として、ずーっと胸を張っている有田選手の目から涙がつたっている姿がなんとも言えない格好良さであった。
a0073687_23294295.jpg

[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2011-01-13 23:30 | ラグビー
今年の今のところのマイブームは、何と言っても高校ラグビー!!
1月3日に伏見工業の応援で花園ラグビー場に足を運んで、準々決勝4試合のうちの3試合を見たから、という単純な理由である。

私は映画などではほとんど涙を流さないが、どうにもスポーツには涙線がゆるくなってしまう。
高校野球なんて見ているだけで泣けてきそうなシーンが一試合で数回は絶対あるし、開会式の入場行進を見るだけで、選手のこれまでの努力を想像しただけで泣けてくる。

今回の高校ラグビーの観戦も然り。。。
特に伏見工は熱かった。やはり山口先生の教え子達であると思った。最強チーム東福岡に挑む姿、ひたむきにタックルする姿(特に味方が抜かれた後のバッキングのタックル)、試合前から涙を流す選手達には本当に感動をした。

本日の桐蔭学園―東福岡の決勝で幕を閉じた高校ラグビーであるが、選手個人の名前を挙げれば、何と言っても松島幸太朗
昨年もTVでは見たが、生で見て初めて分かる彼の凄さ。バネが違う。観客席から見てもわかるのだから、やっている者同士では相当なものなのだろう。
進路は、早稲田や明治などの有名大学に進むのではなく、南アフリカのプロチームの育成機関に入るとのことだ。
日本のラグビーはこの世代の世界との距離は、代表世代よりも近いと言われているし、実際その通りである。問題は、世界(特に南半球)のプレーヤーが高校卒業後にプロの世界に飛び込むのに対して、日本はラグビーの社会的地位の関係上(プロ契約はあまりメジャーでない)、どうしても大学に行って、そこから社会人に進むことになり、その間にどうしても大きな差が開いてしまう。

彼のような例は、本当に珍しい。
是非とも成功して欲しい!! 2019年日本ワールドカップのエースは絶対に松島幸太朗でなくてはならない。
a0073687_233478.jpg

[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2011-01-08 23:34 | ラグビー