<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

この日は正午から観光開始!! まずは、どの外人も訪れるということで、浅草に連れて行きました。
銀座線に乗るや否やPritch君、

「Me and Rodge are wearing suits for your wedding, so we have to catch a cab to the hotel. Otherwise, so many girls would be coming to us. Two big boys cant take a train. too good looking.」

といつもの如く、自信満々な発言を。要は、スーツを着たら格好良すぎて、電車には乗れないとのこと。本当にどこまで自信過剰で、そしてどこまで本気なのでしょうか。

しかしながら、そのことがあたかも嘘でないことが証明されます。

GW中の浅草、本当に日本人の観光客も多く、身動きも出来ないほどでした。確かにすれ違う女の子とかが、ちらっちらっ、Pritch君のことを見るんです。その旅に彼は大喜び。

そして極めつけは、突然観光客と思われる、若い女の子が二人、
「photo, photo, photo」
Pritch君に話しかけてきました。当然、彼は快諾。僕は写真を撮ってあげました。(添付はそのときの写真)
また、彼は意味もなくサングラスをかけているんですが、彼が横を向いている隙に、一人の女の子が写真を黙って取っていきました。

僕が、
「hey, you got a photo taken sneakingly by one girl」と言うと、
Pritch君は、
「I know. i saw it under my sunglasses」
と、気付いていたそうです。まぁ、それだけならよかったのですが、自信満々なPritch君は、
「I felt like Brad Pitt」
ついに、Brad Pittになってしまったそうです。

もう大満足なPritch君、常日頃から幸せそうですが、その日は、いつもに増して幸せそうでした。

その後、我々は、アメ横、秋葉原(10年以上振りに行きましたが、ほんとやばいっすね、この街。個人的には嫌いですが・・・)などを渡り歩き、本拠地の六本木に戻りました。

その日は夜から、我が高校時代の親友と合流し・・・ 


(以下続く)
a0073687_22353934.jpg
a0073687_22354745.jpg

[PR]
しばらくブログの更新が滞っておりました。
その間には本当にいろいろなことがありました。

実は5月3日から11日にかけて、我が親友PritchとRodgeが日本に遊びに来てくれていました。

今日から順々にそのときの出来事を振り返ります。

まずは、Pritchが先に3日にやって来ました。僕は成田空港まで午後3時に迎えに行きました。

Pritchと最後に会ったのは、僕がNYを涙ながらに去った昨年の6月17日の朝です。その後、電話で週に1回くらいは話して、彼がどのような生活を送っていたのか、ってことは知っていたんですが、やっぱり久々に会うのは楽しみでした。

僕らの直前の会話はいつもの如く、

私「(色黒が偉いと思っているPritchに対して)きっとしばらく見ないうちに、色が真っ白になっているに違いないから、空港で見つかるか心配だ。」
P「バカを言うな!!それよりも、カッキーは、日本に帰ってからトレーニングをサボっていたに違いないから、太りすぎていて見分けがつくか、こっちの方が心配だ。」

てな感じでした。
あと、一つ加えておくと、Pritchは日本に来たら、日本人の女の子にもてるに違いないと、期待を持ちまくって日本にやって来ました。

とまぁ、そんなことは杞憂に終わり、無事成田空港で再会。その後、二人で電車とタクシーを乗り継ぎ、彼の泊まる六本木のホテルに向かいました。

彼がなぜ六本木のホテルをとったかって?? 一応、安かったから、ということにはなっていますが、一番の目的はその立地条件。すぐにGirlを連れて帰れる、と喜んでおりました。

とりあえず、最初の観光地として、六本木midtownに案内。Pritch、確かに無駄に大きいんで、あれだけ外人の多い六本木でも目立つんです。midtownでも何人の日本人の女の子にチラチラ見られるたびに、「spotted!!」と言って喜んでました。

ますます自信をつけてしまったPritch、夜はうちの家族と食事をして、その後、二人で仮眠を取った後に、六本木に!! Columbiaの時の日本人の友人とも合流して、結局朝の4時くらいまで飲んでました。

さすがにPritch、相変わらずのパフォーマンスで、女の子とトーク、そしてたまにchuchuをしておりました。

そんなわけで初日は、あまり派手なことはせずに終了。Pritchは明日以降の活躍に自信をみなぎらせながら、ホテルに帰っていきました。
a0073687_21594493.jpg


(続く)
[PR]