<   2006年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ふと思ったことがあります。

先日、メトロポリタン地区の全勝同士の対決があったことは既にこのブログでお伝えしましたが、試合前、グランドの施設の屋上で、気持ちが高ぶってアップしていたときでした。

キャプテンが「ダウンタウンに顔を向けながら、・・・・」という言葉を聞き、ふと顔を上げました。自分の目の前に広がる景色は、マンハッタンのダウンタウンの夜景でした。ハドソン川を挟んだ対岸は、ニュージャージーの夜景が・・・ 突然自分がNYにいることが、そしてNYでラグビーしていることが不思議に感じました。

考えてみれば、半年前にも同じような感覚に襲われました。

試合中ふと空を見上げると、月とともにエンパイアステートビルの頭が空に向かって、突き出ていました。試合から気持ちが一瞬離れるのが分かりました。

そして今日、先日と同じく屋上で練習をしていたとき、自分の視線の向こう側に自由の女神が光っているのが見えました。昔は灯台として使われていたという自由の女神が、僅かながらでも光を与えてくれていました。


そう、僕は今NYにいるんです。そしてそんなところでラグビーをやっているんです。改めて気付きました。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-10-25 16:32 | ラグビー
今日は朝から家の大掃除、そして最近習慣になっている朝と昼の昼寝を済ませた後、ゴルフの練習に行ってきました。先日のコーチとの練習にてグリップの変更を勧められ、どうしても新しいグリップに慣れたかったために、試験前日にも関わらず行ってしまいました。ゴルフがどうしても大事でした。

結論から言えば、行って大正解。かなり良い感触でした。久々、自分で納得にいく打球がかなりの確率で打つことが出来ました。

そんなとき、隣のアメリカ人から、突然声をかけられました。

外人:Did you take a lesson?(習ったのか??)
僕:Yes, I am taking some lessons now. (今習ってるよ。)
外人:Your form is beautiful, perfect. (君のフォームは本当にきれいだ。)
僕:Thanks. (ありがとう。)
外人:Could you give me the number of your coach? (君のコーチの電話番号を教えてくれないか。)

というわけで、僕のコーチのために営業してしまいました。Etuがどういう対応をするのか知りませんが、とりあえず彼のために顧客を見つけてあげました(笑)

実は、結構僕とEtuが練習をしていると、彼は習い始めてどれくらいなのか、とか、良いフォームだ、とか声をかけてくる外人が結構います。

僕はコロンビア大学においては、本当に駄目な生徒であると思いますが、自分で言うのもなんですが、僕はゴルフに関しては非常に良い生徒だと思います。必ず週1回はレッスンを受けるし、その他にも自主練を必ず週に1,2回やります。本も読みます。筋トレもします。PGAのテレビも見ます。と、非常に意欲的です。

いつからこんなにスポーツに対して真面目になったかは自分でも忘れましたが、NYに来てますますスポーツに対して真面目に取り組むようになったと思います。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-10-23 10:48 | ゴルフ
今日はテスト前にも関わらず、ラグビー漬けな一日を過ごしました。朝はNYJapanの練習に顔を出し、意地でシャトルランで一番時計をたたき出し、そのあと午後は昼寝をして夜に備えて、夜はOld Blueでプレーオフ2戦目のNYManhattanとの試合に臨みました。

NYManhattanとは、リーグでもやっており、そのときは40-10くらいで、まぁ完勝したのですが、あの時と比べると今日のFWはメンバーがだいぶ落ちており、かなりやばいと思っていたのですが、結果は77-22かなんかで圧勝でした。こちらが後半開始早々キャプテンの人間が退場となったため、14人だったのですが、それ以降見事にトライを積み上げました。14人であることを全く感じさせませんでした。これがどう意味を持つか、ということは皆さんのご想像にお任せします(笑)

僕のプレーですが、今日はいろいろと仕事を出来たかな、という感じでした。ウィングとしてトライもちゃんと二本とりましたし、ビッグゲインも何本かありましたし、何より、そういうゲインした時にちゃんと立ってボールをつなげて、トライに結びつけることができたのが良かったかなって思います。僕もそこまでめちゃくちゃ誰よりも足が速いっていうわけではないので、捕まったときにどうするかてことを考えなければなりません。そんな意味で今日の試合は良かったでしょうか。

来週、大事な大事なボストン地区との、負ければ終わり、のプレーオフ最終戦があるのですが、僕は予定があるために欠場です。そのため、今日が今秋シーズンの僕の中での最終戦でした。

振り返ってみると、スーパーリーグメンバーが何人か抜けているとはいえ、とりあえずシーズンを通してOld Blueの一本目のウィングで出場し続けることができた、というのは少々自信になりました。自分自身としても、9月の最初に比べて結構成長できたかなと、思っています。やはり前にも日記に書いたとおり、強い相手とやったのが本当によかったです。あそこで自分自身ステップアップできたと思います。

11月はNorth Eastern地区の選抜チームのセレクションに行くことになります。外国人がどういう扱いをされるのか、まだ良く分かりませんが、とりあえず頑張ろうと思います。まだまだ僕のラグビーシーズンは終わりません。今後2週間は試合がないので、筋トレに走りこみに頑張らなければなりません。テストなんて場合じゃ、ありません。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-10-22 13:28 | ラグビー
今回の日米野球シリーズの目玉と思われていた松坂大輔も出場の辞退を発表しました。他にも有力どころではヤクルトの岩村、日ハムの新庄も既に自体を発表しています。そうなってくると、問われるのがこのシリーズの意義、メジャーリーグ側もそこまでいいメンバーが揃うわけでもないし、そろそろ主催者側も考えなければならないのではないでしょうか。

そもそも、僕がまず疑問に思うのが、なぜ日米野球と言いながら、2年おきに、必ず日本で開催されるのか、ということです。2年おき、という期間は良いにしても、必ず日本で開催される、というところにこの問題の根源があるような気がします。要は日本側、特にスポンサーが強く望んでやっているのではないか、というように思えてなりません。少なくとも、ここNYにいて、日米野球の存在を知っている人はほとんどいないでしょう。ワールドシリーズ終了とともに、ファンのシーズンは終了し、興味はストーブリーグに移ります。

アメリカの選手にとっては、マネー、そして日本観光以外、何の魅力もない試合でしょう。日本からすれば、数少ないメジャーリーガーとの対戦を経験できる、ということがあるかもしれません。とはいえ、メジャーリーグへの道がこれだけ開かれた現在となっては、そんな意義も薄れているのかもしれません。

とりあえず、日本のプロ野球界から、そろそろお祭り的な要素の試合を減らして欲しいものです。オールスターもあんなにたくさんの試合いりません。東西対抗も意味が分かりません。

それよりもファンが求めているのは、もっと熱い真剣勝負ではないでしょうか。一ファンとしては、リーグの再編、プレーオフ制度の導入(現在のパリーグのは、プレーオフというか、単なる順位決定戦に過ぎません)を求めます。今のままでは日本シリーズでさえ、お祭りのような気がしてなりません。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-10-21 06:01
この間の日記について面白いコメントをいただいたので、それに対しての自分の達成度をチェックしてみたいと思います。

「2、3年の海外留学で完全な英語力(ネイティブの人と仕事内容などで対等に意見を交換し合える・英語を話す時にまったく文法・構文を意識せず、文法的間違いが一切起こさない・英語を話すことで疲れない・新聞・雑誌・ペーパーバックを寝転がって楽しんで読める・TVや映画を字幕ナシで完全に理解できるレベルを差すそうな)を身につけられる人は数%にも満たない」というデーターがあるそうなのですが、幼少期の海外経験もなく、ずーっとドメスティックに生きてきて25歳を過ぎて初めて渡米した現状の僕は以下のようです。

「ネイティブの人と仕事内容などで対等に意見を交換し合える」
授業の内容でさえ、本当に完璧な準備、そして意見を言う前に自分の言いたいことを整理しないと発言など出来ません。そうしている間に話題はどんどん違うところに行ってしまいます。なので、達成度は10%くらいでしょうか。
ラグビーの話なら、だいぶ言いたいことは言えるようになったようななっていないような、こちらが50%くらいでしょうか。
で、オージー達とするくだらない下ネタは、Sex and the City効果もあり、80%でしょう。

「英語を話す時にまったく文法・構文を意識せず、文法的間違いが一切起こさない」
前ほどは意識をしなくなりましたが、だいたい似たような構文を使う今日この頃です。意識をしても間違うことはしばしば。でも酔っ払ったときが一番適当にスムーズに英語が出てくるような気がします。達成度60%といったところでしょうか。

「英語を話すことで疲れない」
相手にもよります。そう、相手によってわかりやすい英語、分かりにくい英語があるんですよね。韓国人相手ならほとんど疲れません。ただ、ネイティブが相手(グループの場合)だと、だいたい3時間くらいが限界でしょうか。これでも一人で無言の時間がかなりたくさんあります(笑) マンツーになってくると、逆にたくさん話さなければなりませんが、向こうも自分だけに話しかけてくれるので、そこは一長一短でこちらも3時間くらいでしょうか。そういった意味で、達成度は30%くらいですね。

「新聞・雑誌・ペーパーバックを寝転がって楽しんで読める」
これは完全に内容によります。ヤンキースの記事は結構読んでいるので、楽に読めますが、それ以外は全然楽しめません。辞書が必要です。新聞はまだきちっとした文体なので読みやすいですが、雑誌やペーパーバックは崩れた文体なので、本当に厳しいです。スキャンダル雑誌なんてほとんど絵しか分からないような気も・・・ 達成度これまた30%でしょうかね。

「TVや映画を字幕ナシで完全に理解できるレベル」
これが一番きついかもしれません。字幕を見ても分からないことがあったりすると、自分には英語は無理なんじゃないかって思ったりします。去年、友達と映画を見に行ったときは、頑張って必死に見て50%くらい理解し、自分ってちょっと凄いんじゃないかって思いましたが、今年パイレーツカリビアンを見に行ったときは、自分としてはそれからの成長を見込んで行ったのですが、あまりに分からず開始20分で爆睡。ラスト20分で目が覚め、ヒロインがかわいいのでそれだけを追いかける、それだけの映画鑑賞となりました。というわけなので達成度20%ですね。

というわけなので、まだまだ修行が足りません。スラムダンクの桜木花道で言えば、やっとドリブルとパスの基礎が終わり、庶民のシュートの練習を始めたところでしょうか。流川くんへの道のりは遠いって事です。
[PR]
NYに来て、早くも1年と3ヶ月が経過しました。残すところ、あと7ヶ月ちょっとです。最近、だんだんと焦りがでてきました。果たして自分はこのNYで有意義な留学生活を送っているのだろうか、などと・・・ 

留学の目的の大きなものとして、英語力とお友達(ここでは外人に限ってお話します)、というものが挙げられると思います。1年3ヶ月の途中経過としては、英語力はうーーーんって感じですが、お友達はボチボチでしょうか。

コロンビア大学では
・韓国人の男性軍団
・NFL選手を彼氏に持つYale大学出身の才女(既に退学)
・日本語がペラな、今は東大に留学中の台湾人
・ちょいと日本語をコギャル風にしゃべるインド人
しか友達がいませんが、ラグビーを通じて様々な友達が出来ました。

・常にドギードギー言っている愉快なオージー軍団
・元NFLでもプレーしたブラウン大学アメフト部の元スーパースター
・とてつもなくラグビーの凄いイスラエルの外交官
・パイレーツカリビアンにでてきそうな海賊的風貌をしたアメリカ人(名前もJPとか言って、ニックネームかと思ったら、本当のファーストネームだそうです。親のセンスを疑いますわ・・・)
・抽選でグリーンカードが当たったためにNYにやってきた2枚目のアイルランド人
・英語の発音が本当に分からんケニア人
・1文章ごとに必ずFuckingが入り、試験や面接でもFuckingといってしまうのではないかとこちらの方が逆に心配をしてしまうウェールズ人
などなど

今年の夏以降になって、ようやくこのような友人達とプライベートで遊べるように(本当になったのかなぁ・・・)なりました。それは英語が上達したからなのかどうかは不明ですが、とりあえず遊ぶように、電話でお誘いがくるようになりました。真面目な話、英語力の上達とお友達の数の増加そして親密度の深まりってのは比例してくると思われます。そういった意味では、少しは英語力は伸びたのでしょうか。

しかし、彼らの会話に入っていけるか、と言ったら、まだまだです。全然会話に入っていけないときのほうが多いです。マンツーは何とかなっても、飛び込むのは本当に大変です。でも自分自身、もっと彼らと仲良くなりたいです。人間的には本当にいい奴等ばかりです。国籍は違えど、本当に友人と言える仲間ばかりです。そう思えば思うほど、もっと彼らと仲良くなりたい、そのためには本当に英語が必要です。彼らと一緒にいればいるほど、英語を上手くなりたいと思います。残り7ヶ月の留学生活、そろそろマラソンで言えば30kmを過ぎたあたり、頑張っていこうと思います。
[PR]
今日からMetropolitan NY地区のラグビーのプレーオフです。とりあえず、プレーオフと言っても1~4位の順位決めだけなんですが(その後のボストン地区とのプレーオフが真のプレーオフです。NYの1位-ボストンの4位といったように試合を行います。)、ボストン地区とのプレーオフの相手を考えると、何としても1位になっておきたいところです。これまで我がOld Blueは負けなしでグループリーグを通過したために、本日はグループリーグ4位のLong Islandとの試合でした。誰もが楽勝と思っていました。しかし結果は、、、17-24での敗戦。よもやの敗戦でした。チーム全体が全く機能しませんでした。最低なゲームでした。

さて、タイトルにも書いたことですが、試合に負けた後、日本人は本当に引きずります。悲壮感、という言葉がぴったりなのではないでしょうか。泣いている選手さえ、よく見受けます。それに比べてアメリカ人、彼らは試合が終わるとすぐに気持ちが切り替えます。悲壮感という言葉は全く当てはまりません。すぐに飲みに行きます。こちらからすれば、本当に反省しているのかよ、っていいたくなるくらいの感じです。

今日の試合後、仲間のアメリカ人たちがどのように感じているかはよく分かりませんが、僕はとりあえず、落ちています。個人的には、試合開始直後は、オフェンスでラインブレイクも何回かしたし、先制トライも決めました。ごっつぁんトライではなく、2人抜いてトライしたので、このトライはまぁまぁなものでした。しかし、その後はチームの不調にあわせるかように、僕もshitでした。やっぱりディフェンスです。組織ではちゃんと守れるのですが、スペースがあった上での1対1、弱すぎます。

ディフェンスが出来ない人間って、責任感がない人間って言われるのですが、僕はまさにそうかもしれません。本当に僕は最低だと自分で思いました。何か進歩がない人間って感じがしました。体を張っていないっていうわけではないんですが、良く分かりません。自己嫌悪ですね。

とりあえず、気持ちを切り替えって、というよりは、本日は落ちておこうと思います。やっぱり僕は日本人です。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-10-15 13:55 | ラグビー
本日、ベースボールエキスパート1級の資格を無事取得しました。

概要は以下のような感じです。
http://cert.yahoo.co.jp/category1/overview/1011.html

野球には少々自信がありましたが、松坂選手の言葉を借りれば、「今日でその自信が確信に変わりました。」といった感じですかね。

ちなみにこの名言、松坂選手がいつ言ったか覚えてますか??

その松坂選手、いよいよメジャーリーグ挑戦が決まりそうですね。ヤンキースを含め5,6球団が入札予定だそうですが、個人的には是非ともヤンキースのエースになって欲しいものです。松坂選手が投げて、松井選手がホームランを打って勝負を決める、そんな日にヤンキースタジアムに立ち会いたいものです。

ヤンキースの敗戦から心を切り替え、松坂選手をヤンキースタジアムでスタンディングオベーションで出迎えることを夢見て、日々生きたいと思います。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-10-12 13:40
本日、コリー・ライドル投手をのせた小型飛行機がマンハッタン内の高層マンションに激突し、コリー・ライドル投手含め2人の方が亡くなりました。

最初このニュースをテレビで見た時は、テロか、ということに焦点が当てられていたのですが、学校でテレビを見た時にコリー・ライドル投手の顔写真がテレビに出ており、非常に驚きました。

先日の日記で、辛らつなコメントをコリー・ライドル投手に浴びせた自分が非常に嫌になりました。以下にスポーツ選手が私人とは言い難いとはいえ、今後はこの場においても、人の悪口を書くことは差し控えたいと心に誓いました。

亡くなった方々のご冥福を心からお祈りいたします。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-10-12 13:29 | メジャーリーグ
NY、というかアメリカ料理と言えば、やはりステーキでしょう。
これまでに何軒かステーキ料理屋さんに入りましたが、これまでほとんどおいしいものに遭遇したことがありません。
駄目な理由としては、
・ソースが美味しくない
・表面が必ず焦げている(これ、本当に嫌です。レアーにしても焦げてます)
・脂っこすぎる
・量が多すぎる
などが挙げられます。

じゃ、今度は肉を自分で買ってきて焼いたらどうだろうかと、先週の金曜日にふと思いつき、家の近くのそこらへんで買うのもいいのですが、なんか安いのだとまずそうだし、体に悪いような気がして、そして何より怖いので、わざわざちょっと離れたWhole Foodsという結構有名なマーケットに行きました。購入したのは1ポンド(おおよそ450gくらい)25ドルくらいのNYステーキ!!大きさは大体350gくらいだったでしょうか。

早速家に帰って、ニンニクとともに焼いてみました。そして、日本人ならではの、大根おろしとポン酢で食べました。

結果・・・これまで食べたステーキで最高に美味しかった!!

というわけなので、これからはフィジカルトレーナーでもあるゴルフのコーチの助言に従い、週に2回ステーキを食べようと決意したところです。やはりお肉を食べないとビッグにはなりませんからね。
[PR]