<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日、Old Blueのメーリングリストですごいメールがありました。なんだか8月の5,6日とOld Blue-USA代表の試合が計画されているそうです。実現したらすごいことですね。せっかくだから試合に出たい気持ちはやまやまです。おそらく夏だから、何人かはメンバー抜けるだろうし、今回は外国人枠関係ないし・・・

だけど僕には今回新たに別の問題があります。インターンシップをその時期に入れてしまったのです。普通なら平日だけだからいいのですが、何と何とその週だけは土・日も。

せっかくの、そして一生に一度のことなので、何とかお願いして休みをもらおうかと検討中です。試合に出れなくても、この目で生の試合を見たいものです。

とりあえず、トレーニングだけは頑張っておこうと心に決めました。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-06-28 23:26
現在、27歳です。普通身長ってだいたい20歳くらいまでしか伸びないって言われてますよね。

だけど、僕、なぜか、アメリカの1年間の留学で身長が伸びたみたいです。といっても1cmくらいでしょうが・・・ 会った人によく大きくなったと言われます。もちろん筋肉がついたこともあるのですが、なんか上にも伸びたようです。

実際、ジムで測定したら、1cmほど伸びていました。うれしいうれしい留学の成果です。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-06-27 12:27
昨日、久々にラグビー観戦に出かけました。カードは早稲田大学-関東学院大額の春のオープン戦。たかがオープン戦と思われる方もいるでしょうが、過去5年間は、この試合で勝利した方が、夏の菅平での対戦でも勝利し、そして最終的には大学選手権決勝でも勝利し、見事大学チャンピオンに輝いています。ということなので、非常に注目すべき一戦でした。

結果は関東学院が20-3で勝利したのですが、一言で言って非常に残念な試合でした。関東学院が強かったということはまったくなく、単に早稲田がひどすぎたように感じました。4ヶ月前にトヨタ自動車を撃破したとは、とても思えませんでした。関東学院が強かったために早稲田が勝てなかった、というならばそれはそれでよかったかと思います。しかし、そうではなく、両者ともレベルが下がり、早稲田の下落振りのほうが激しかったために関東学院が勝ったようにしか思えませんでした。つまり、また社会人との差が広がってしまったと感じました。

過去5年間の早稲田が負けたのは、関東学院と社会人だけです。早稲田を破ったチームは本当に、簡潔に言えば、強いチームでした。しかし、昨日の関東学院は強いチームではありませんでした。単にラックやモールで執拗にアタックしてくるだけのチームでした。でもそれに負けた早稲田、結構重症に見えました。

今シーズンの早稲田、昨年からFWの主力が何人か卒業したものの、BKは何人も日本代表に選ばれるなど、スター選手がずらりと並んでいます。でも、ラグビーはやっぱりFWですね。

昨日の試合、大学選手権の決勝で見せたような激しいブレイクダウンは見られませんでした。ラック・モールで執拗に関東学院に絡まれ、BKへほとんど生きた球は供給されず、宝の持ち腐れ。。。出たところでもCTB陣のボールキープ力がなく、ことごとくターンオーバー。何よりもどうやって得点を取るのかという道筋がまったく見えないような気がしました。

久々に見る「だめな早稲田」の試合でした。清宮監督就任前の6年前の早稲田を思い出しました。

日本ラグビーの発展のためには、学生レベルから強化の必要があることは間違いないと思います。この5年間、清宮監督就任以後は、早稲田・関東学院の両校はライバルとしてお互い切磋琢磨し、明らかにレベルを上げてきました。しかし、昨日の両校を見ると・・・ 

ちょっと悲しいラグビー観戦でした。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-06-26 08:59 | ラグビー
今朝、頑張って起きて、日本-ブラジル戦を見ました。結果はご存知のとおり、1-4の惨敗で、あえなく予選リーグ敗退。まぁ、冷静に考えれば、予想通りと言えば予想通りでしょう。今回のワールドカップで思ったのは、日本と世界の差はまだまだ大きいということでしょうか。

でも、そりゃそうですよね。日本選手は最近海外に進出するようになって来ていますが、トップチームで活躍する選手は皆無。一時期、中田選手が輝きを放っていましたが、今はさほどでも・・・ 逆に各国の代表チームは、トップチームで活躍する選手を何人も抱えているわけです。これが日本の現状を良く表しているのではないでしょうか。

今春、WBCで日本が優勝しました。野球では、イチロー、松井がスターとして活躍しています。サッカーにたとえれば、マリナーズはセリエAやリーガ・エスパニョールの中堅チームといったところでしょうか、イチローはそこのスーパースターです。一方、ヤンキースは、ACミラン、バルセロナといったチームでしょう、そこで松井は主力として活躍しているわけです。こう考えると日本の野球のレベルの高さがうかがえます。WBCでも優勝して然るべきなのでしょう。

もちろん、サッカーと野球では競技人口、スポーツの特殊性も違い、野球とサッカーを比べるのは暴論であることは承知の上です。だけど、サッカーで日本が世界のベスト4に入るためには、やはり海外で活躍する選手がもっともっと出てこないと無理なのではないでしょうか。とりあえず、海外のチームから興味をもたれるようにはなりました。次は、そのクラブチームで活躍することです。次のワールドカップまでの4年間の間に、どれだけの選手が海外で活躍できるか注目しましょう。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-06-23 09:42
昨日久々、ほぼ1年ぶりに陸練に参加しました。メニューは、400m×3、200m×2、ショートダッシュ。

普段から走りこんでいるとはいえ、陸上スパイクでのラン、久々の400、200という距離などなど、不安はいろいろありましたが、結果としては、400が昔に比べて、格段に速くなっていました。1年前は75秒前後だったんですが、なんか昨日は65秒、67秒、67秒で入れました。1年間のトレーニングの成果でしょうか。とりあえずやってきたことが無駄じゃなくて良かったです。

しかし、陸上スパイクでのランは、足への負担がすごい・・・ 最初の1本で結構足にきました。まぁ、この筋肉の痛みがなんともいえず、いいんですがね(笑)

それと、練習後に行った、行きつけの中華料理屋は相変わらず本当においしかったです。あの素朴な味がたまらないです。値段も一人頭2000円かからず。NYだと本当にありえないです。なんであの街はあんなにご飯がまずいのでしょうか・・・ 嫌になりますね。

最後に明日の早朝、日本-ブラジル。
非国民だと思われるかもしれませんが、今後の日本のことを考えると、大敗(0-5くらい??)で負けてほしいと思ってます。これで運だけで決勝トーナメントなんかに進もうものなら、この意味のなかった「失われた4年」もしっかりと反省されずに、将来同じ過ちを繰り返してしまう可能性があります。
メンバー的にはおそらく過去最強。本当にジーコを監督にして失敗だと思います。もったいなさすぎです。日本サッカー進化の過程としては、このような失敗はいつかは経験しなければならないものだと考えます。おそらくどの国も経験していることでしょう。しかし、このメンバーでのこの失敗は痛かったと思います。あと不安があるのは、このメンバー以降の世代がまったく育っていないことです。
とにもかくも、日本サッカーを愛するものとして、日本の将来のためにも明日はブラジルに日本を叩いて欲しいと願っております。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-06-22 08:37
人生で初めてでしょう、おそらく。なぜか金曜日の夜は寝付けませんでした。そんな状態で、Old Blueの7人制大会、NY JapanのJapan Cupと参加しました。我ながら、すごい体力だったと思います(笑)

さて、まずはOld Blueでのプレー。
チームとしてもいまいちだったし、個人的にもいまいちでした。トライは2本とったのですが、ディフェンスでも2回はずされました。なんか、ディフェンスの出来ないプレーヤーって最悪ですよね。自分自身で本当に自分が嫌になりました。一言で言って情けなかったです。夜の試合があるために、帰りはみんなよりも早く出て、一人で帰ったのですが、結構へこんでました。。。

そんな状態で迎えたJapan Cup。
自分の中では、普段からOld Blueでプレーするプライドを胸に、そして責任のあるプレー、すなわちディフェンスでどれだけ激しく出来るかを課題に、プレーしました。結果としてはディフェンスはほとんど機会がなかったのですが(一回、変な金髪の奴が抜けてきたときにそういえばまたタックルはずされたわ・・・マジへこみます)、シカゴ戦も、ロサンゼルス戦も、とりあえず、チームの流れが悪いところで、トライが取りました。そして試合も両方勝ちました。
ウィングとしていい形ではまったくボールがもらえなかったけれど、こぼれ球を拾ったりとかで、プライドをかけてハーフウェイから両方走りきりました。普段のウェイトの成果、そして外人にもまれている成果からか、相手のコンタクト、まったく力を感じませんでした。半分ずらせば全部抜ける気がしてました。そして、どうやら人工芝のPier40のグランドは僕に合うようです、普段より足がだいぶ速いです(笑) おかげさまで、試合後のアフターマッチファンクションではMVPをいただきました。これ、結構うれしかったです。ロサンゼルスのMVPは同い年の全国大会優勝の西稜商出身の東谷クンだったし。。。 

総括するに、この一年間でアタックは結構伸びた気するけど、やっぱりディフェンスはいまいちですなぁ・・・ これは本当に改善しないと、本当に自分自身情けないです。次の試合からマジ頑張ります。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-06-20 01:30
最近ブログってものが流行ってますので、僕も流行に乗ってみたいと思います。これまでもGreeやMixiに日記は書いていたのですが、本格的にやりたくなってしまいました。

日記をつけるのは小学校以来ですかね。3日坊主にならないように適度な頻度で頑張る予定です。

明日は午前~夕方までRockaway7s、そして夜がNY JAPANでの試合だというのに、どうしても寝付けません(NY時間でただ今3時前)。おそらく昼寝をしてしまったからでしょう。これで睡眠時間は4時間を切ること決定(涙)

しかし、今回のワールドカップ、これまで全くupsetがありませんねぇ。日本がオーストラリアに負けたのも順当だと思いますし。前回の日韓のときは、日本や韓国としてはベスト16以上に残ったから、楽しめたけど、フランス、アルゼンチン、ポルトガルなどの消えた決勝トーナメントは、普通に考えればつまらないものでした。そういった意味では、今回のワールドカップ、これから大いに楽しめそうです。

そういえば、僕の友達のオージー軍団、大喜びでした。全員からそれぞれ、We beat Japan だの、We smashed Japan だの言われました(T T) まぁ、仕方ないですね。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-06-17 15:57