腰が・・・

ボストン遠征をきっかけに、再びモチベーションを取り戻したラグビー、あれからはほぼ毎日のように筋トレ、フィットネスをやったために、最近は自分でも好調だな、と思えるほどの調子でした。やっぱりフィットネスをやると体が動く動く、そして筋トレ効果なのか、最近やる相手のアメリカ人相手だったら、コンタクトも全然負ける気がせず、試合でも2人ほど飛ばしました。

しかし、そんなときに落とし穴というものはあるもの、先々週の土曜日のLong Island Tournamentの準決勝で、トライをした際に、後ろから腰を蹴られて打撲しました。所詮は打撲だろうと思って、痛みはあったものの試合を続行しようとしたのですが、走ると電気が走るような痛みが・・・ どうしても耐えられず無念の途中交代。

その日は当然全く動けないほどの痛みだったんですが、打撲とはそんなものだと思ってましたし、時々の電気が走るような痛みも、そこまで大したことはないと思ってました。

とりあえず、日に日によくはなっていき、これなら今度の土曜日に控えるLAでのJapan Cupも何とかなるだろう、って思っており、先週の土曜日に練習は見学したものの、所々参加してしまったり、さらに家に帰った後、Griffと一緒に激しく筋トレしてしまいました。

そしたら・・・・・

夜、飲みに行ったときから、もうちょっと動くだけで腰に電気が・・・ 椅子にすわったり立ち上がったり、腰をちょっと動かすだけで、電気が・・・・ 猛烈な痛みが・・・・

一日経てば、と思い放っておくも、ひどくなる一方で、ついに歩くのもつらくなってしまいました。

というわけで、昨日(月曜日)、とうとう針に行ってきました。先生の診断は坐骨の打撲で、そこには神経が一杯あるらしく、そのせいで電気の走るような痛みがあるとのことでした。打ち所が悪かったみたいです。普通に筋肉の打撲なら、時間が経てば治るらしいんですが、ここは時間がかかってしまうみたいです。

その後、Pritchのフィジオにも行き、電機治療などなどを受け、帰宅しました。

今朝起きてみると、久々に怪我は改善してました。まだ痛みはありますが、歩いたりはできるようになりました。

やっぱり、無理はいけませんね。お酒の禁酒、他のことならちょっとは耐えられますが、体を全く動かさない、ってのは本当に耐えられないんですよね。2日連続で何もしないと、もうストレスで頭がおかしくなりそうになります。

日本に帰って働いたらどうしましょう・・・ 
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2007-05-23 00:12 | ラグビー