NYでのラグビー終了!!

ある場所で診断を受けた結果、この怪我、結局はトウ骨の骨折ではなく、靭帯の損傷(断裂も含む。)っていうことになりました。まぁ、軽度の剥離骨折もあるみたいですが・・・

医者には手術をするかどうかのコンセンサスはない、と言われ、半ば僕に選択権をゆだねられるような形にもなりましたが、僕は手術はしないことを選びました。

どうやら、完璧に治ることはないみたいで、日常生活には影響ないものの、ラグビー等のスポーツには後遺症が残るかもしれないらしいです。そしてどの程度かとかも分からないみたいです。とりあえず、肘がゆるい感じはするみたいです。

全治には3ヶ月、すなわちアメリカでのラグビー生活終了。今シーズンはスーパーリーグのポジション争い、及び外国人枠の争い、をある程度真剣に頑張ろうと思っていたんですが、まぁ仕方ないですね。

アメリカでラグビーはやめようかと思っていたんですが、ちょっと考えもんですね。もう日本でラグビーをやるモチベーションってほとんどなかったんですが、こういう形でラグビーを終えるのって、ちょっと嫌ですよね。そう考えると日本でもラグビー続けたらいいのかな・・・ 

今すぐにはでない結論でしょうから、考えるのやめます。とりあえず治すことに専念しますわ。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2007-02-15 00:48 | ラグビー