ステップアップしたかな

この間の土曜日はラグビー漬けでした。朝はNYJAPANの方の試合に参加し、夜はOld Blueの試合がありました。Old Blueの試合は、Metropolitan New York地区の全勝同士の対戦でした。

先週、凄い対面と当たって、ウィングとはこうあるべき、というものを学んだ僕は、とりあえず、どのプレーについても、スピードのメリハリってものを意識してみました。そして、このレベルになってくるとボールがウィングまで回ってくる機会ってのも、そうそうないため、如何にボールを持っていないときに働くかってことを意識してみました。

試合は最初からFWが劣勢だったため、予想よりもさらにボールが回ってくる機会がなく、オフェンスでのボールタッチは2回、キック処理で2回といった感じでしたが、どのプレーもそれなりに仕事できたかなと思います。このレベルでは当たり負けしなくなってきた自分も感じましたし、先週よりは明らかにポイントに入る思い切りも良くなったし、自分自身少しレベルアップしたかなって感じました。やっぱり、凄い相手とやることってのは大事なことだとつくづく感じました。強いてあげれば、オフェンスの時にもうちょっと相手と勝負してもよかったかな、ってところでしょうか。

試合自体は、相手に最後に退場者が出て、どうにかどうにか1点差で23-22で逆転勝ちし、めでたくリーグを1位突破しました。来週・再来週とプレーオフですが、またおそらくこの相手と決勝でやることになるでしょう。そのときにさらにレベルアップしている自分であったら、と思い、トレーニングに励みたいと思います。

この試合のあと、Bチーム同士の試合があったのですが、Old Blueでは、春までバリバリのスーパーリーグスタメンだった、僕の仲の良いオージー軍団がこの日試合観戦に来ており、その勢いで試合にも出場しました。一言で言って、本当に凄かった。Ryan Rogersのショートでのボールのもらい方は本当に芸術的で、すべて抜けていましたし、そのあとのハンドオフとかも本当に強烈で、でかい外人が吹っ飛んでいました。でかい外人を吹っ飛ばすことの出来る外人、凄すぎますね。

実は僕はこの試合にレフリーをやっていたのですが、彼のあまりの素晴らしいショートのもらい方に、スローフォワードと分かっていたものの、笛を吹くのをやめてしまいました。敵チームの皆さん、ごめんなさいね。
でもレフリーとしては、この試合でかなり評価してもらい、ここ数年見たレフリーで一番いいレフリーとまで評価されました。将来ラグビーのレフリーにでもなろうかなと思った瞬間でした。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-10-10 07:10 | ラグビー