やはりコロンビアでは駄目でした…(I hate to lose!!)

僕はスポーツで負けることが何よりも嫌いです。それはどのレベルにおいてもです。真剣にやっているラグビーはもちろんのこと、レクリエーションレベルのスポーツでもスポーツであるならば、「敗北」の二文字は自分としてはとてつもない屈辱です。

今日はうちの学校(SIPA)のチームに参加して、レクリエーションのバレーボールに参加しました。結果は惨敗。最初からキャプテンもどきの人間が「勝負よりも楽しもう。」と言い、この時点で萎えました(笑) 相手もショボショボなのに、こっちもさらに駄目でした。試合中、相手の調子に乗っている姿に対して、Fwordをつぶやく自分がいることに気付きました。

今日の結果を受け、
・やはり僕はコロンビアでは友達ができないこと(なぜなら運動が全く出来ないから)
・レクリエーションには2度と参加すべきでないこと
・やはりラグビー軍団が自分の居場所であること(彼らは試合についてこう言います。)
It's not a game. It's a f@cking street fight. F@cking kill them.

スポーツは楽しむことが目的でもありますが、やはり勝たなくてはなりません。ラグビーで負けないため、そしてゴルフで負けないためにも、明日から頑張ろうと決意しました。

そういう意味では、負けることの屈辱感を教えてくれた今日のバレーボールのレクリエーションは意味があったかもしれません。
[PR]