衝撃の初体験

今日は、9.11追悼試合ということで、NYにあるスーパーリーグ所属の2チームの我がOld BlueとNYAC、ボストンのスーパーリーグチームのBoston Irish、あとアイルランドから遠征中のTrinity Collegeの間で、Remembrance Cupというものが開催されました。もともとは、9.11でNYACのプレーヤーが亡くなったらしいのです。こういうことを聞かされると、改めてあの9.11の悲劇さを感じざるをえません。この場を借りて、被害者の方々のご冥福をお祈りしたいと思います。

さて、肝心の試合ですが、2試合目でNYACと対戦しました。このチームは昨年の全米チャンピオンなのですが、今日もうちとは違い、ほとんどがスーパーリーグのメンバーで試合に臨んできました。結果は完敗。トライを7,8本とられたでしょうか。。。原因はうちのメンバーが揃ってなかったと言えばそれまでなのですが、僕にとっては、ラグビーを始めてから初めて体験するレベルでした。一言で言えば、これがアメリカのトップレベルなのかもしれません。

アメリカのラグビーというと、基本的にはフィジカルの強さを生かして、ガンガン当たってくるラグビーなのですが、彼らの体型はもちろん大きいのですが、何よりも引き締まっていてほとんどが筋肉のような体型でした。ですから当然走れます。ラグビーも日本のようなラグビーでした。

僕の対面のウイングも凄かったです。いい体しているし、速いし、ステップ上手いし。。。

やっぱり上手いチームとやるのって勉強になりますね。負けましたが、なんか個人的には凄く嬉しく、そして感動しました。いい目標ができました。このようなラグビーは日本にいたら絶対に体験できなかったと思います。それだけでも留学した甲斐があったかな、って思います。

ラグビーに対するモチベーションがすごくあがった一日でした。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-10-01 14:54 | ラグビー