アメリカの銀行のアホさ

こちらで生活する以上、僕もアメリカのシティバンクに口座を開設しております。しかし、アメリカの銀行って本当にアホですよ。なぜなら、日本なら預金するとき、ATMにお金を入れるだけで、勝手に金額を数えてくれますよね、それがこちらでは出来ないんです。封筒にお金をいれて、金額を書いて、そうした上で、後で店員がお金を数えて、それで正式に預金となるんです。

僕が昨年アメリカに来た時に、シティの口座に3000ドルほど預金しようと思いました。当然先進国アメリカなら日本と同じのりで預金が出来るんだろうと思い、裸のままお金を入れました。しかし、いつになっても自分の口座上にこのお金があられません。さすがにおかしいと思った僕は、銀行に問い合わせました。すると、「裸でお金を入れられても駄目だよ」とのこと。30万円以上もの大金をさすがに損するわけにもいかず、頑張って頑張って英語で説明してどうにか失ったお金を探してもらいました。結果100ドルの損で済みました。とはいっても1万円ですが・・・ まぁ授業料と言ったところでしょうか。

それ以来、僕は必ず窓口で直接預金することとしています。

で、この間はさらにバカなアメリカの銀行は、僕が日本のシティバンクから3000ドルおろして、それをアメリカのシティバンクに預けようと思い、窓口に持っていったところ、20ドル多いと言ってきました。そう、今度は20ドル得してしまったのです。本当にバカです。お金もちゃんと数えられないのですから。

これで、差し引き80ドルの損です。

でさらに、もっとアメリカの銀行を試してみようと思い、一回大量の20ドル札に10ドル札を何枚か紛れされて、預金をしようと思いました。すると、さすがに今度は気付きました。そこまでバカではなかったようです。

とりあえず、アメリカの銀行がバカでどうしようもない、ということだけお伝えしましょう。
[PR]