雨の中のラグビー

昨日は久々の仲間とのラグビーでした。ずいぶん前から楽しみにしていたのですが、試合前から突然の雨。予報では曇りだったのですが・・・ 試合中にはどんどん雨が強くなり、グランドは泥泥に。

晴れている中でのラグビーは楽しいのですが、泥の中でのラグビー、はっきり言って楽しくありません。やっていても、「洗濯面倒くさいなぁ」「家に帰る前にどうやって体を洗おう」などとばかり考えてしまいます。冷静に考えて、そんな姿を見て、ラグビーをやりたい子供なんていないんでしょうね。

そんなことを考えると、やっぱりラグビーは芝生でのスポーツですよね。芝生ならば、さすがにあそこまで泥泥にはならないわけですし。でも現実問題、日本に芝生のグランドはほとんどありません。となると、ラグビーをやる子供ってどんどん減ってしまうのでしょうか。

僕はラグビーほど面白いスポーツはないと思います。サントリーの清宮監督は、「試合前に泣けるスポーツはラグビーだけだ」と言っていましたが、まさしくそのとおりだと思います。ラグビー人口の拡大のためには、その環境を整えること、いいグランドを増やすことってのは必要不可欠だと思います。

無駄な公共投資をしまくる国には、是非スポーツ振興のためにお金を使って欲しいものです。スポーツを愛する一国民として強く訴えます。
[PR]
by hiroaki_kakinuma | 2006-07-03 09:15 | ラグビー